スクリーンショット 2021-06-04 18.08.56.png

​​フェミニスト手芸グループ 山姥

2019年からマルリナ・かんなの2人でフェミニズムや自分たちの好きな本、漫画をテーマにした手芸(刺繍や編み物)をして活動中。
山姥は俗世間に馴染めず、おそろしい存在として排除されてきた。しかし、実は彼女たちは歴史や制度、そして男たちの期待する女の姿に押し込められず、闘ってきた女たちではないだろうか。
そうした先人たちの抗い方を見習いたい、そんな思いで活動している。

170111895_483860492959762_482738846811197171_n.jpg

フェミニスト・バッジ(2020)

​フェミニズムの名言や、本のなかで印象に残った言葉を刺繍する。できた作品はエトセトラブックスほかで販売している。

71192429_436188490358277_8739858364906241467_n.jpg
これまでの活動

エトセトラブックスWEB連載「女の知恵は針の先」

「F VISIONS」NO.4【特集】東京五輪は何をもたらしたのか~フェミニスト視点で振り返る

2021年12月

​​フェミの本棚「生きるためのフェミニズム パンとバラと反資本主義」表紙担当者としてコメント掲載

 

​ソシレンニュース「女(わたし)のからだから」 NO.382

2021年9月4日

​​本の紹介「政治的な手芸部 2021 zine」

 

WEB論座インタビュー​

2021年7月15日

​​フェミニスト手芸グループ山姥に聞く「サヴァイブでレジスタンス」な行為

​​堅田香緒里・著「生きるためのフェミニズム~パンとバラと反資本主義」

2021年7月

​​表紙用クレイジーキルト担当

​​ハフポスト

2020年1月20日

コラム・オピニオン

「くそふぇみ」「家父長制破壊者」私たちは刺繍でフェミニズムの声をあげる

​「手芸は武器だし、表現の手段になる」。チーム山姥が、刺繍で伝えたいメッセージ。